【2018年度版】ハノイからサパへの豪華寝台列車

サパへ行くためには夜行列車を利用する場合の移動方法です。ハノイ-サパ(ラオカイ 駅)間の鉄道は古くから利用されており、一昨年、高速道路が開通するまでは唯一の現実的な移動手段でした。往復ともに夜行なので景色は見れませんが、夜行列車の雰囲気は満点です。未だに根強い人気があり、間違いなく旅の思い出になるでしょう。

 

到着駅は中国との国境、ラオカイ駅となります。ラオカイ駅からサパまでは乗り合いバスで1時間。絶景の連続で、

少し不便なところもお楽しみいただけるはずです。

 

 

<ハノイ-ラオカイ間の列車に関して>

 

ハノイ-ラオカイ間の列車は基本的に1日2便、どちらも夜行列車になります。各旅行会社が車両を買い上げており、

チケットを買うというよりはホテル予約に似ています。旅客列車ではない、貨物列車と連結したローカル定期便(SP7.8便)も出ていますが、長時間座席の移動のため、ベトナム人の利用者も少ないです。

旅客列車はすべて、2段ベッド×2台の4人1部屋になります。
※ビクトリアトレインデラックスルーム(2人部屋)を除く。

 

基本的に知らない人と1つの部屋をシェアする形となります。一期一会の出会いを楽しみましょう。
裏技ですが、席を4席買い上げ、プライベートキャビンにすることも可能です。

 

下記代表的な鉄道会社です。
チケット代金によって3つのクラスに分けてご説明します。

 

・スタンダードクラス列車

一般的な旅客鉄道です。
ただし、移動時間が短いため日本の寝台列車よりも設備は劣ります。車内では水と軽食、朝はコーヒーor紅茶がでます。Pumpkin Train(パンプキントレイン)、SAPA EXEPRESS(サパエクスプレス)など

 

Pumpkin Train

写真㊤:Pumpkin Train

 

・デラックスクラス列車

スタンダードよりすこし上のクラスの旅客鉄道です。やはり日本の寝台列車よりも設備は劣ります。車内では水と軽食、朝はコーヒーまたは紅茶がでます。スタンダードクラスよりもベッドの質が高く、トイレもまあまあ清潔です。
FANXIPAN TRAIN(ファンシーファントレイン)、LIVI TRAIN(リヴィトレイン)

 

FANXIPAN TRAIN

写真㊤FANXIPAN TRAINのキャビン写真

 

・ビクトリアクラス

 

世界的リゾートグループ「ビクトリア」の運営する列車になります。上記2つのクラスとは価格も設備も段違いに綺麗ですが、2段ベッド×2台の4人部屋は変わりありません。時期によって、デラックスルーム(2人部屋)があります。
昔は食堂車がありましたが、なくなってしまいました。基本的にビクトリアサパホテルとセットで予約となります。
列車だけ個別で予約も可能ですが、かなり高いです。

 

victoria express

写真㊤victoria expressのキャビン写真


各列車の時刻表および予約はこちらからご確認ください。


サパへの豪華寝台列車を予約する