旅行先

Trang An

必要な情報

Trang An の体験旅行

概要情報

魅力

チャンアン・バイディン遺産群は東南アジア最大の仏教寺としてベトナム人の注目を集めている。2003年に起工、完成前からその巨大さで話題を呼んでいたが、2008年に落成し、2014年にはヴェサックデー(釈迦誕生日)の祭りが盛大に行われた。新しい寺は入り口の門から一番奥まで約3㎞、手前から、三関門、鐘楼、観世音殿、釈迦仏殿、三世仏殿があり、回廊で囲まれている。

位置

バイディン寺は、ハノイから南へ95㎞(車で2時間ほど)のニンビン省、古都ホアルーや景勝地チャンアンに近い、ニンビン市中心部から西へ約17㎞の地点にある。バイディン寺の歴史は古く、もともと、今から千年前の李朝時代、バイディン山の石灰岩の洞窟の中に開かれた。世界遺産「チャンアンの景観複合体」が2014年に登録され、『陸のハロン湾』として、多くの観光客が訪れるスポットとなっている。

 
体験できること
Image

寺院は数々の記録的な大きさ、数などを誇り、アジア最大の釈迦金銅像※(釈迦仏殿)、東南アジア最大の弥勒菩薩の銅像(100トン・屋外)、ベトナム最大の梵鐘(36トン)、アジア最長の羅漢回廊(約3㎞)、ベトナム最多の500体の羅漢像、ベトナム最大の井戸(直径30m)、仏教寺院の敷地内としてはベトナム最多の菩提樹(100本)など。

Image

古い寺は、新しく建てられた三世殿から800mのところに現在もある。李朝時代の高僧リー・クオックスー禅師によって建てられたといわれ、仏像の他、ホアルーの四鎮の一つで西を護るカオソン(Cao Sơn)、聖グエン(thánh Nguyễn リー・クオックスーのこと)などが祀られている。

Image

上記の両バイディン寺と仏教学院や公園などを含めた全敷地は、ベトナムの仏教寺院としては最大(総敷地面積539ha、うち新しい寺は80ha、古い寺は27ha)の広さです。そのバイディン寺のすぐ隣りに、もう一つの見どころ『陸のハロン湾』と命名されたバイディン洞窟群。海に浮かぶ奇岩で有名なハロン湾ですが、ニンビンにも同じように奇岩がありまして、しかもこちらは小舟に乗って奇岩の中で形成された鍾乳洞をめぐることがきでる。

Image

ベトナムの世界遺産といったらすぐに思い浮かぶのが「ハロン湾」だと思われますが、『陸のハロン湾』とみなしたチャンアン洞窟も有名。この辺りの土地は広大なカルスト地形で2億5千万年前には海底にあり、生物の死骸が積もって1kmにも及ぶ分厚い石灰層を生み出した。これが隆起してインドシナ半島の一部となったわけだが、水に溶けやすい石灰岩は川の流れや風雨の浸食を受け、数百万年をかけて深い渓谷や奇岩・奇峰を生み出し、また地下水の流れが無数の洞窟を掘り出した。

Image

ハノイから車で約2時間がかかり、交通が便利のおかげでハノイから出発する日帰りのツアーがおすすめ。ハノイ旧市街→チャンアン洞窟・バイディン寺複合遺産を楽しめることに加え、ベトナムの有名な避暑地サパまたは新・世界七不思議と選出された世界自然遺産ハロン湾も安易に刊行することができる。


インタラクティブマップ

最も人気のある観光名所・Trang An

他の旅行先 A-Z