旅行先

Ha Long Bay

概要情報

Ha Long Bay の体験旅行

information

新・世界7不思議(自然版)のひとつ、ベトナムのハロン湾に行ってきた。といっても、そもそも新7不思議がピンとこない人も多いだろうか。

 

新・世界七不思議(しん・せかいななふしぎ、英語: New Seven Wonders of the World)とは、世界中からの投票によって決められた、現代版の世界の七不思議である。ベトナムのハロンわんは世界六不思議と一緒に新・世界七不思議の一つになった。

 

ハロンわん(ベトナム語: Vịnh Hạ Long / 泳下龍)は、ベトナム北部、トンキン湾北西部にある湾。漢字表記は下竜湾。クアンニン省のハロン市の南に位置し、カットバ島のほか大小3,000もの奇岩、島々が存在する。伝承では、中国がベトナムに侵攻してきた時、竜の親子が現れ敵を破り、口から吐き出した宝石が湾内の島々になったと伝えられている。 カットバ島以外の島は現在は無人だが、約7,000年前の新石器時代にはわずかに人が住んでいた。また、数世紀前までは海賊の隠れ家として利用され、また モンゴル帝国の侵攻の際には軍事的に利用された。

 

彫刻作品のような島々の景観は、太陽の位置によって輝きが変化し、雨やきりによってまた趣のある雰囲気をかもし出す。 地質学的には北は桂林(中国広西チワン族自治区)から、南はニンビンまでの広大な石灰岩台地の一角である。石灰岩台地が沈降し、侵食作用が進んで、現在の姿となった。

 

1994年にユネスコの世界遺産(自然遺産)に登録。

2011年に新・世界七不思議(自然遺産)に選出。

ユネスコが支援するフランスのNGO世界で最も美しいわんクラブにも加盟している。

 

ハロン湾焼け

写真㊤=ハロン湾クルーズと暁の景色

tokucho

 

ハロン湾は大小2,000もの奇岩、島々が奇峰の如くそそり立つ神秘的な景観トンキン湾北西部にある湾です。ここから息をのむさえハロン湾の美しさをたっぷりと味わえると確信しております。1994年度にハロン湾は世界遺産基準を満たしたとみなされ、世界自然遺産表彰を獲得できましたので石灰岩の島々のこの神秘的な風景はタイ南部のクラビ島や中国の桂林とよく比較されます。実際にハロン湾はそれより壮観です。ハロン湾の島々の膨大な数は風力や波に浸食された洞窟が点在し、小鳥のさえずりで囲まれる石森林のように見えます。

 

bulletハロンはは 数千の島が海から上がることで深い印象を残すベトナムの世界自然遺産です。そして洞窟、ビーチ及び漁村も充実しています。

 

bullet ハロン湾はハノイ市内から約170キロ離れるため、公共バスや個人自動車にとどまらず高額であまり使わないヘリコプターでも到着できます。ただし、クルーズ船が提供する往復送迎バスを利用することは最も便利です。ハノイ市からハロン湾まで片道4時間かかります。

 

bulletハロン湾は1年を通じていつでも訪問者を魅了しています。2月から4月までは寒くて霧雨なので視認性が低いのにひきかえいつもごく軽い天気がしています。5月から9月までは熱帯低気圧台風が頻繁に近づきますが夏のプロモーションというシーズンです。また、10月から12月までは最高の旅のために最もよい期間です。

 

bulletお日にちに余裕がある方は2泊または3泊の宿泊ツアーがおすすめです。あまり余裕がない方にはハノイから日帰り1日ツアーと合わせてクルーズをお選び致します。日帰りツアーとは往復送迎に8時間、クルーズ船とハロン湾観光に約3時間半をもって楽しめるということです。

 

bulletお選びする全てのクルーズ船では宿泊サービスのみならず、洞窟や漁村の観光、ビーチ活動、要望に応じる早朝の太極拳、要望に応じるベトナム風食べ物のクッキング、カヤック、イカ釣りなどの様々な活動を開催します。

 

bullet豪華クルーズ船では1名様につき1泊で約200米ドル、ミッドレンジのクルーズ船でも1名様につき1泊で150米ドル、それに最低価格1名様につき1泊で100米ドルのクルーズ船をお選び致すことも【ベトいい旅】で可能です。各クルーズ船の相違点は宿泊室とフードです。

 

bulletハロン湾からベトナムの北部に位置するハノイ千年首都、標高1,600mに位置し、夏の気温は適度だが雨が多く、冬はやや冷たく霧が多いサパ市鎮、ユニスコに選出された世界自然遺産チャンアン・バイディンに繋がり、他の有名な観光スポットも体験できるだろう。

 



インタラクティブマップ

最も人気のある観光名所・Ha Long Bay

Oh, Ha Long Bay!

関連名所・Ha Long Bay

他の旅行先A-Z